総量規制外のカードローンは?

 
消費者金融でお金を借りようとすると、どうしても総量規制と無縁ではいられません。総量規制は、消費者金融などを規制する貸金業法で決められている融資制限なので従うしかないのです。

 

しかし、世の中には総量規制対象外のカードローンがあります。銀行系のカードローンです。銀行は銀行法という法律に縛られていますが、貸金業法には縛られていません。銀行法には貸金業法のような融資制限を定めた法律はありません。

 

年収の3分の1と定められた総量規制は、本来もっと借りても返済能力がある利用者にとっては不当な制限と言えます。このような人は、銀行系カードローンを利用することで本来の融資限度額をゲットすることができると言えるでしょう。

 

とはいえ、銀行系カードローンが無制限に融資をしてくれるわけではありません。おおよその目安として、年収の半分程度が融資限度額の上限だと言われています。銀行によっては、上限を開示しているケースがありますが、そのほとんどが年収の半分と規定しているためです。

 

銀行系カードローンは、消費者金融に比べて審査が厳しいと言われています。もともと貸金回収を非常に重視している銀行なので、審査が厳しいのは当然ですが、職業だけで審査をしている部分があるとも言われています。

 

大手消費者金融でも同じですが、銀行もカードローンの審査はコンピューター審査です。銀行系カードローンとはいえ、審査自体は傘下の消費者金融や取引がある信販会社に依頼していることが多いのです。

 

そのため「伝統的」な銀行審査がプログラム化され、審査が行われているのです。収入が不安定だと言われている派遣や自営業の方は、総量規制対象外とはいえ銀行系カードローンは不利だと言われています。